プロフィール

Gはは

Author:Gはは
2005年夏生まれの息子(G)をもつ「まるこうはは」こと「Gはは」です。
お気楽専業主婦ですが、妊婦時代から食の安全・切れやすい子供が多いこと・子供たちが起こす事件等色々な事が気になり始め何でもいいから子供の為に何かしなきゃって思いました。よかったら時々のぞいてやってください。

最近の記事

FC2カウンター

2007.8.19~

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】
      ランキングに参加中!
        ポチッとお頼み申しますm(__)m

カテゴリー

最近のトラックバック

お気にブログ・HP

★東大式超子育て法
FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

  • 管理者ページ
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    フリーエリア

    フリーエリア

    子供の体を守りたい!・・・「ひとりっこの僕」
    日本でさえ安心できない食品だらけ。不要なワクチン・抗生物質の乱用など、信用できない小児科医も多く、そんな世の中で我が子を「受け身」で育てるのは最悪だと・・・。取得した「食育アドバイザー」の資格も活かせれば嬉しい(^^)/
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    風邪と抗菌薬について
    私がおうちで参考にしている小児医学の本の中にすごく納得のいくコメントを出されている先生がいて、風邪や肺炎のページを読んでみました。ポイントだけを絞ると・・・、
    もともと「風邪」というのは上気道炎(鼻から気管)で、上気道炎は上気道炎で、上気道炎(風邪)をこじらせて気管支炎や肺炎などの大きな病気になるのではなく(最初から気管支炎や肺炎という病気にかかっている)、「気管支炎や肺炎の初期症状が上気道炎と似ている」。つまり「かぜは万病のもと」という言葉は、「色々な病気の初期症状が風邪ととてもよく似ているから、風邪と容易に判断しない方がいい」という意味。一見風邪に似た症状でも下痢や嘔吐などの消化器症状があるなら風邪以外の病気にかかっていると考えてまず間違いなし。・・・だそう!
    抗菌薬は適正に使えば子供の命を救ったり危険から脱したり大変有用な薬ですが、使用法を誤ると(むやみに使用すると)、単に効果が無いだけではなく抗菌薬が効かない耐性菌を増やしてしまい本当に抗菌薬が必要な病気の時に効く薬が無くなってしまう心配がある。「ウィルスによる上気道炎」と診断がつけば自宅で安静にして水分補給に気をつけ回復を待とう。・・・・と説明されています。
    この先生も言い切っておられるのが・・・、
    (抗菌薬が無効な)病名もハッキリ伝えておきながら抗菌薬を処方している医師も少なからずいます、耐性菌が増えてしまった今は、抗菌薬の適正使用が大事。熱を出したら抗菌薬(抗生物質)、風邪に抗生物質を安易に投与する医療は避けたいものです。・・・ということ。
    (※「溶血性連鎖球菌」の感染には有用)
    別の医師のHPにも[小児科医の学会では、抗菌薬の「念のため」「とりあえず」の処方はもうやめよう、という意見が強くなっています。]・・・とありました。(細菌感染症の場合は別の話になります。)
    最後のコメントでもわかるように、一番大事なことは知識と技術を身につけた信頼できる小児科医を見つけることだと思います。結局医師がどういう診断をくだすかが大きなポイントとなるようですから。
    慌ただしい診察ではなく、しっかり子供を観察して触れて診察してくれることは基本中の基本ですが、そうではないところが多いようです。
    残念ながら私もまだ信頼できる医師にめぐり会えていません。通院した病院の殆どが「即薬!」です。なのでしんどそうにしていたり、咳が出ている時は確かに以前かかった仮性クループや肺炎の疑いもあり心配なので医師とよく相談した方がいいと思っています。

    信用できる先生は遠方ばかり・・・(TT)

    いつものことながら・・・、ご参考までに。
    ご自身で他にも情報を集め勉強されてから判断してください。
    皆さん、良き医師ににめぐり会えるといいですね。

    人気ブログランキング【ブログの殿堂】←ポチッとお願いしますぅ

    ■ この記事に対するコメント

    確かに即薬!触診無しの病院が多いですね(^^;)ゞ薬さえ飲めば治ると言う医者ばかりですもんね(^^;)ゞいつも病院に行く度、所詮薬頼りか(-_-)って感じちゃいますもんね↓出来る事なら薬を飲まず治したいって思いますが、そう言う訳にも行かない場合も有る事を私は自分の身を持って痛感しました☆
    薬を飲まないと命取りになる事も有るんです。
    でも子供の風邪に処方されるのは主さんが言ってる様に抗生物質ばかりですね(^^;)ゞ私はよっぽどしんどくならない限り医者に連れて行きません。対処法が最終的に薬だからです(^^;)ゞ
    【2007/08/31 21:07】 URL | チェリー #- [ + 編集 +]


    解熱剤も出されますが、40度を超えないと解熱剤も使いません☆
    子供の事をしっかり見て、触診してと言う基本が出来てる医者に、私は当たりましたよ(^-^)その先生は薬を出して下さいと私が言わない限り出さない先生です(^-^)私はその先生を頼りにいつも子供が風邪引いたら行きます(^-^)
    二回に渡りコメントしてすいません、携帯からは文が短くしか入れれないみたいです(^^;)ゞ
    【2007/08/31 21:13】 URL | チェリー #- [ + 編集 +]

    チェリーさんへ
    いい先生に出会えてらっしゃるようで羨ましいです。
    解熱剤はうちの場合、40度を超えても元気そうなら使わず、40度いかなくてもグッタリしてたら使うかもってとこです。以前私は熱が脳炎などにつながると思っていたのですが、熱でいくのではなく細菌が脳にいくと医師から聞きました。ただボーダーラインというか41度台でどうのこうのって聞いたことがあるので(ごめんなさい忘れてしまったぁ)41度を超えると病院に電話して相談しようと思います。
    【2007/09/01 14:26】 URL | Gはは #jYsH4QDA [ + 編集 +]


    ■ この記事に対するコメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する。


    ■ この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://ghaha888.blog109.fc2.com/tb.php/11-bca9b77e
    この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
    私のおすすめ

    最近のコメント

    カレンダー

    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    ブログ内検索

    RSSフィード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。